みなさんは、何か育毛剤は使っていますか?

 育毛剤は、頭皮を耕して髪の毛が育ちやすい環境を作っていて、

育毛や発毛を促進するために、作られたものなのです。

現在では、いろんなコンセプトを元にして、

いろんなメーカーから育毛剤が販売され価格もいろいろです。

  • 1つ目・・・男性ホルモン抑制効果のあるタイプ
  • 2つ目・・・頭皮の血行促進をするタイプ
  • 3つ目・・・頭皮や毛根に栄養をあげるタイプ

育毛剤を選ぶ時に、この点を踏まえて

自分の症状に合っている育毛剤をその効果をみて、選ぶようにするといいのです。

また、実際に利用した人の口コミを見て選ぶといいですよね。

育毛剤を選ぶ時に気をつけたいことは、

同じ効果のある育毛剤を同時に複数使わないことなのです。

違う効果を持っている育毛剤を併用した方が、

相乗効果を得ることができるのです。

頭皮に、炎症があるときなどは使用を控えて、

まずは頭皮の健康回復を行うことが、最も大切ですね。

1つの育毛剤に関して、

最低でも半年間は同じ育毛剤を使い続け、

様子を見るようにしましょう。

育毛剤の効果は、人によって違うものです。

口コミで、興味を持った育毛剤に関して、

自分に合うかどうかは、まず自分でしばらく試して確認することが大切になりますね。

育毛剤は説明書の通りに使わないと、効果がないといわれます。

大体は、夜に洗髪し、頭皮に付いた汚れや古い角質を取った状態で育毛剤を使うのが良いでしょう。

お風呂で温まって身体全体の血行を良くすれば、育毛から見ても良いですし、良い睡眠にもつながります。

育毛器具によっては、増毛のために使っているはずなのに、なんと逆に薄毛になってしまうということもあるので気を付けなければなりません。

一部の育毛器具は、使うことによりなんと頭皮を傷つけてしまうものもあるということが喚起されています。

実際に育毛器具を選ぶ際には、その器具の特徴や、実際の使用者の声など十分にリサーチすることが大切です。

最悪、大切なお金と髪の毛がただ減るだけになってしまいます。

たんぱく質、亜鉛、ビタミンB群、このどれもが、健やかな髪の成長のために重要な栄養素です。

例えば、たんぱく質はアミノ酸の結合体であり、そのアミノ酸が、毛髪の主成分であるケラチンを作りだします。

亜鉛はケラチンを生成するために必要不可欠な栄養素です。

さらに、発毛を促し髪の毛を成長させる毛母細胞は、ビタミンB群によって活性化します。

食品の例を挙げると、たんぱく質は大豆製品に、亜鉛は牡蠣に、ビタミンB群はレバーあるいは緑黄色野菜といった食品に含まれているので、積極的に摂取しましょう。

AGAが原因の抜け毛の場合は育毛にどれほどの努力をしたとしても結果が伴わないこともあります。

早い段階でAGAの治療を開始することで、理想の髪を手に入れることも可能ですから、ひとまず検査をしてAGAか否かを調べてもらうのがいいです。

原因がAGAではなかった場合は、髪のいたわり方、日頃の生活を見つめ直してみるとフサフサのきれいな髪になるはずです。

男性型脱毛症(通称AGA)の発症は思春期からですが、何歳から発症するかという詳細な決まりはありません。

発症が思春期からということはすなわち10代でもなっておかしくないわけで、AGAが気になったら早めにケアすべきなのです。

でも、医薬品認定の育毛剤は成人しか使ってはいけないのです。

未成年は医薬部外品の使用を試みるか、頭皮の状態を改善するために生活習慣を改善したりしてみてください。

タンパク質の含有に富んでいる乳製品は、とても育毛中に適している食べ物です。

チーズはその中でもL-リジンという必須アミノ酸を持っていて、このL-リジンは育毛治療において使用されることの多い成分であるミノキシジルの働きを活発にすることができます。

したがって、率先して摂るべき食材でしょう。

けれども、むやみに摂取してしまうと乳製品全般に入っているカゼインが他の栄養素の吸収の邪魔になるため、適量にとどめておきましょう。

美容室などで受けることのできるヘッドスパは気持ちの良いものですが、ヘッドスパをしてくれる技術者のレベル次第で、マッサージ時の力のかけ方は全く異なるものとなります。

ですから、お店はちゃんと選びましょう。

専門店か、専門の技術者がいるお店、あるいは、育毛のことを良く知っていて、ヘアケアについても、詳しいお店のヘッドスパを受けた方が、良いようです。

育毛を知り尽くした専門家の手により、とても快適なマッサージを体験できたり、何もしないでおくと硬くなってしまう頭皮を、やわらかくほぐしてもらうのもヘッドスパによって得られる大きなメリットと言えるでしょう。

ですが、美容室にオプションメニューでついているような、アマチュアレベルのヘッドスパでは、育毛効果はあまり得られず、それどころか害になることもあり得ますので、気を付けましょう。

最近、髪の毛が薄くなってきたなと感じ始めると、なんとかしなくてはと不安になるものです。

そこで、育毛を考えた時にどんな事が思いつくでしょうか?髪の毛や頭皮ケアだけが育毛だと考えがちですが、本来は生活習慣とか食生活の見直しも重要な要素の一つなのです。

一つ挙げるとしたら、乳酸菌をとることで腸内環境、内臓の働きが良くなって、最近よく言われるデトックスされやすくなったり、頭皮に近い細い血管まで流れが良くなるというメリットもあるのです。

毒素の排出や血行促進は育毛につながる大切な事です。

ストレスが心身に及ぶと抜け毛が一時的に進行する場合があります。

頭の一部分だけに丸い抜け毛が発生する円形脱毛症もその要因にストレスがあげられています。

そして男性型脱毛症も心身のストレスが要因として挙げられます。

動物と同じように人間の場合も、強い刺激や緊張状態が続くと防御反応として体の中で作られるホルモンのバランスが変化します。

男性ホルモンはAGA発症に強く関わっているため、ストレスが発症の要因になることは容易に推測がつきます。

薬局などで探してみると、名前に「スカルプ」が入っていたり「スカルプケア」を売りにしている育毛対策のシャンプーが売られているようです。

名前は良く聞くけれど意味は分からないという人のために説明すると、スカルプは頭皮を意味し、これらは頭皮ケアで髪の毛の健やかな成長を導くための商品です。

ただ、スカルプケア用の商品でも通常のシャンプーと同様の注意が必要です。

もし、洗い残しがあれば炎症や毛穴詰まりを引き起こし、薄毛を促進させてしまうかもしれません。

なので、時間をかけて丁寧に洗髪を行ってください。

育毛剤には多種ありますが、中には効能をアップするために皮膚に強力な刺激を与えてしまうような成分が含まれている商品も市販されています。

体質によっては、かぶれや皮膚炎を起こす場合もあるので、含まれる成分をきちんと見てから買うことをオススメします。

自分にとって安全な育毛剤を選ぶのも頭皮ケアの大前提だと考えます。

育毛剤bubkaのセールスポイントは、育毛成分である海藻エキスをびっくりすることに、32種類も入れていることです。

また、低分子ナノ水を使用しているため、エキスの有効成分が地肌に吸収されやすくなっています。

それに、脱毛予防として名高いオウゴンエキス、グリシン、アルギニンといった成分なども入れているのです。

男性型脱毛症(AGA)は進行性の脱毛症です。

思春期以降であれば誰でも発症し得るものであり、前髪の分け目から始まって生え際をなぞるように抜けたり、毛が細って薄くなったりするのです。

それと同時につむじのあたりも薄くなっていくのが普通です。

どういった条件でAGAが発症するのかは、部分的に解明されているものの、全容の解明には程遠いです。

ただ、男性ホルモンの中でも特にDHTからくる症状であることは判っており、新しい薬の開発に役立っています。

年を重ねるにつれて、抜け毛が気になってくるようになり、どんどん髪が薄くなってしまった感じがしています。

まだ禿げているわけではないと思うのですが、家族にはげている人がいるので、そろそろ育毛剤を使用して、今以上に抜け毛が進行しないようにする方がいいのか考えているところです。

私の主人がAGAなんです。

ハゲというと気を損ねるので、内ではAGAと発言しています。

「今ではAGAは治療法も薬もあるんだ」と言ってクリニックに来院しているのです。

実際、私、薄毛の男性ってそこまで嫌でもないんですね。

別に通院しなくてもいいのになーと思ったりもします。

関連ページ